卓球部

活動日: 月〜日

卓球部は、明るく元気な仲間と共に、日々白球を追い、すがすがしい汗を流しています。ラリーになるとスピードが速く、敏速な動きが要求され、メンタルな面も大きく影響する繊細・微妙なスポーツですが、またそこが卓球の醍醐味です。2018年6月の荻村杯ジャパン・オープンでは、14才の張本智和選手が準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルの馬竜選手に勝ち、決勝でもロンドン五輪金メダルの張継科選手を破って初優勝。女子シングルスでも、17才の伊藤美誠選手が過去6戦全敗であった王曼イク選手にリベンジを果たし、初優勝、日本勢のアベックVを成し遂げました。今回の日本選手たちの最後まで諦めない姿勢や高い集中力、一本を競うギリギリのプレーを見て、手に汗握るとともに多くの刺激を受けました。そして、「上手くなりたい!」とより一層思うようになり練習にも熱が入る毎日です。人より楽して良い結果は得られない。”1%の才能と、99%の努力”勉強と部活動を両立し、大好きな卓球を通して、人として成長することを目標にしていきたいと思います

クリックすると拡大します。

最近の実績

平成21年
2月15日   川崎市市長杯      女子団体優勝
7月20日   川崎市高校選手権    女子ダブルス3位
8月21日   川崎地区学校対抗大会  女子団体 準優勝

平成22
1月10日   川崎市新人大会     女子ダブルス3位
7月19日   川崎市高校選手権    女子ダブルス2位
12月25日   川崎市総合体育大会   女子シングルス3位

平成23年
1月9日    川崎地区高校新人大会  女子シングルス2位

平成25年
4月21日   全国大会市予選  男子代表として県大会に出場

平成26年
8月20日  神奈川県新人戦・川崎地区予選会 
       女子代表として県大会に出場

平成27年
4月19日  関東大会市予選  女子代表として県大会に出場
       全国大会市予選  女子代表として県大会に出場

平成28年
4月24日  関東大会市予選  女子代表として県大会に出場
       全国大会市予選  女子代表として県大会に出場